頭皮の臭いを解決する方法と、
解決に役立つおすすめのヘアケアアイテムをご案内します。

超めんどくさがり屋の私(管理人:40才)が最も簡単にケアする方法をご紹介しますので、頭皮の悪臭対策に役立つと嬉しいです。

このような悩みを抱える方へ
  • 髪がクサイ
  • 頭皮が臭う
  • 頭皮のベタつきが気になる
  • フケが出る
  • 痒みが出ることもある
  • 認めたくないけど中年だ

このようなお悩みを抱えているなら、私自身あなたと同じ悩みを抱えて色々な対策を試してきました。
そして一つの結論に達しているので、このサイトが少しは役立つと思います。

結果的に簡単なことしか続かないめんどくさがり屋なので、臭いを消せる簡単な方法を追求してきました。

因みに、このサイトでご紹介する方法は女性にもおすすめですので、
私のようなオッサンじゃなくてもご覧ください。

一人でも多くの方に参考にして頂ければ悩んだ甲斐があったというものです。

 

すぐに臭い対策を始めたい!

髪と頭皮の悪臭を退治するなら、デイリーケアが大切!

こちらのシャンプーがおすすめです。

頭皮の臭い対策、3つのポイント

臭いニオイに鼻を抑える女性

体臭も含め、頭皮や髪などの悪臭を放つ原因を探ることから始めましょう。
そこから見えてくる対策のポイントもあるはずです。

頭がクサイ原因は一つではありませんが、

ポイントをまとめて大きく分類すると4つのポイントが見えてきます。

  • 生活習慣(食・睡眠・運動・喫煙など)
  • ストレス
  • 加齢
  • 間違ったヘアケア

ケアの方法として要点を抑えたら割とシンプル。ポイントは3つです。

  • 生活習慣
  • 正しいヘアケアの方法
  • 臭いを予防するアイテム

この3つのポイントが大切です。

頭皮の臭いを防ぐアイテムはやはりシャンプーがおすすめです。

シャワーでシャンプーを洗い流す男性

私がシャンプーをおすすめする理由は5つ
  1. 頭皮に何かを塗ったりしないからベタベタしない
  2. 実際、臭いに効果があったから
  3. 毎日することは変わらないから続けやすい
  4. フケやかゆみ、頭皮の乾燥など臭い以外にも効果が期待できる
  5. 頭皮を健康にすることで薄毛や抜け毛の予防にも繋がる

です。(※個人の感想です)

購入したCUシャンプーを手に持つ写真

シャンプーは誰もがほとんど毎日使いますよね。

特に高級アルコール系の洗浄剤が使われてる安価な合成シャンプーが頭皮に余計な刺激を与えている場合があります。

そのシャンプーを臭いを消す働きのあるものに変えるだけだから、特別手間は必要ないですし臭い対策を忘れることもありません。

やることは変わらずアイテムを変えるだけ。

一石二鳥とも三鳥ともいえるこの方法は私の理想です。笑

臭い予防のヘアケア見直しポイント

  • シャンプーは念入りに洗っている
  • 朝晩シャンプーしてる
  • フケやかゆみが出る
  • 頭皮がベタベタする
  • 以前にも増して頭皮が乾燥してる

このような心当たりのある方はこちらの記事もおすすめです。

関連コラム

 

【これ大事】正しいシャンプーの方法

購入して届いたハーブガーデンのシャンプーとコンディショナーとパンフレット類を撮影した写真

男性も女性も実践してほしい、美容師にレクチャーを受けた正しいシャンプーの仕方をご紹介します。

シャンプーの仕方は大切です。

何故なら、雑に洗うのも入念にしっかり洗おうという意識もどちらも頭皮トラブルの原因になるからです。

毎日毎日、間違った洗い方をしてたら臭いも悪化させているかもしれません。

大事なポイントは赤字にしてるので、最低でもそのポイントだけは抑えて試してみて下さい。

髪を濡らす前のブラッシング

毛先をブラッシングする女性

まずはブラッシングで髪の毛のもつれを取りながら汚れを除去してあげます。

そして、頭皮へのマッサージ効果も得られるので、軽くブラッシングすることで乾燥して硬くなりがちな頭皮への血行促進に繋がります。

髪の長い方は、毛先からブラッシングしていくのがポイントです。

髪と頭皮を濡らす

シャンプーをつける前に、十分に髪と頭皮を濡らします。

頭皮までしっかり濡らして予備洗いすることでシャンプーの泡立ちが良くなります。
また、ブラッシングと予備洗いで8割程度の汚れは洗い流せると言われています。

シャンプーする

頭皮をいたわりながら優しくシャンプーをする女性

適量のシャンプーをとり泡立てて頭に乗せます。

シャンプーは髪だけでなく頭皮を洗うことを忘れずに。

また、爪を立てずに優しく洗うことがポイントです。
指の肌で洗う」とかよく言われますが、泡を転がすように優しく洗いましょう。

指先でゴシゴシして皮脂や脂汚れを取るのではなく、シャンプーの泡で汚れを浮かす意識で洗いましょう。

注意:

泡立てずにシャンプーをそのまま付けると毛穴を塞いだり、頭皮トラブルの原因になるので注意。

注意:

またシャンプーの泡には毛髪と毛髪が擦れあう摩擦を和らげる役割もあります。ケチケチせずしっかり泡立つ量で洗いましょう。

すすぎ

洗い残しのないようすすぎも丁寧に時間をかけて行います。

「家に帰るまでが遠足」と言われるように…(←イイ例えが浮かばなかった。恥)
すすぎまでがシャンプーです。

すすぎの際もゴシゴシしないよう優しく丁寧に、少し時間をかけてシャンプー剤が残らないようにしましょう。
シャンプー剤が残ると毛穴が詰まったり頭皮が被れたり臭いやトラブルの原因になります。

トリートメントorコンディショナー

男性はシャンプーのみという方も多いと思いますが、
コンディショナー、またはトリートメントやリンスを使う際は毛先から中間に馴染ませ、「頭皮に付けないように」するのがポイント

洗い残しの原因を排除できますし、コンディショナーなどの役割は髪に栄養を与えて毛髪の傷みを一時的に修復する目的ですので、傷みやすい中間から毛先のみでOKです。

タオルドライ

バスタオルで髪を拭く女性

洗髪後はタオルで水気を拭き取ります。

この際もゴシゴシせず、髪と頭皮の水分をポンポン抑えて柔らかいタオルの繊維に吸収させるように拭き取ります。

タオルが古くなると繊維も固くなり吸収が悪くなりますから、新しく柔らかいタオルがベストです。

ドライヤーで速やかに乾かします。

ドライヤーで風呂上がりの濡れた髪を乾かす女性

生乾き状態のままは臭いの原因にもなります。
また、皮膚から水分が蒸発していく際に潤いも一緒に持っていかれるので、より乾燥しやすくなります。

ドライヤーで速やかに乾かしてあげましょう。

ドライヤーは、熱風で8割がた乾かしたら仕上げに冷風を当てて、開いた毛髪のキューティクルを占めてあげるのがポイントです。

これであなたも「皮脂を奪い過ぎない」頭皮に優しいシャンプーの方法を身に着けました。
あとは、この優しく丁寧に洗うこの方法を続けていくだけです。

ただし、その際に使うシャンプーの成分自体が刺激やダメージの原因になっていたら努力も無駄になってしまいかねないので注意してくださいね。

 

臭いを予防するマストアイテム

毎日使うものを臭い予防に繋がるものに!
あなたの頭皮の状態、肌質に合った選び方

臭いだけじゃない!頭皮のフケやかゆみ、ベタつきや炎症などのトラブルを抱えているならコレ!

KADASON(カダソン)シャンプー
KADASON(カダソン)シャンプー
初回 単品3,250円
3本セットでもう1本プレゼント
容量 250ml(約2~3ヵ月分)
2回目以降の費用 3,250円
返金保証 なし
殺菌・消臭成分 サリチル酸・グリチルリチン酸2K・シロキクラゲエキス
備考 男女兼用で使うことも可能。

特徴:

  • かたまりのフケが出る方
  • かゆみや炎症、ベタつきなど臭い以外にも頭皮の状態がヒドイ方
  • 脂漏性皮膚炎を引き起こしている方
  • 頭皮の悩みは臭いだけじゃないという方
詳細ページはこちら
公式ページはこちら

 

シャンプーってそんなに大事?ホントに効果あるの!?

悩みが深刻な方、今まで様々な方法を試したけど効果なかった

という方ほど、疑いを持ってご覧になっているかもしれません。

その気持ちはわかります。

私は臭いだけでなくフケやかゆみなど頭皮のトラブルが多かったので、ネットがそんなに普及してない頃からいろいろ試してきました。
なので、「本当にシャンプーで!?」と疑いを持つのもわかります。

根本的な原因が加齢臭でも、食生活やストレスでも、

臭いを発するのは頭皮ですから、まずはシャンプーで臭いの原因となる皮脂や脂をケアしましょう。

毎日カップラーメンばかり食べていたら高血圧や糖尿病になる可能性が高まります。

毎日、ハンバーガーなどのジャンクフードばかりも糖尿病や骨粗鬆症(コツソソウショウ)になるリスクが高まるし、偏った食生活がメタボ体系を作ってしまいます。

食生活と同じように、シャンプーも毎日地肌に直接触れるものですから軽視できません。

40代にもなるとすでに老化が始まっていますし、代謝も低下していますので合成成分の小さなダメージが蓄積されていって、「年々悪化していく」のは珍しいことではありません。

頭皮への余計な刺激を減らし、消臭や殺菌作用のある成分を与える。
『毎日のシャンプーをマイナスからプラスへと変えることが、手間を掛けずに無理なく続けられる』最も簡単で誰でも続けられる髪と頭皮のニオイを予防できる方法としておすすめです。

効果が実感できた私の単純な発想をまとめるとこういう事になるかと思います。

シャンプーする子供。シャンプー以外何もしてないのにクサイ!?じゃぁシャンプーに原因があるんじゃねぇ?

また、臭いを予防できるシャンプーを半年や1年使って消臭効果を実感できたらシャンプーをグレードを下げても良いと思います。

ただし、高級アルコール系のシャンプーは避けた方が良いでしょう。
石油やアルコールが原料の添加物が頭皮への刺激となって臭いを発していた恐れがあるからです。

なので、臭いの解決を実感できた後も予防のために、アミノ酸系の無添加シャンプーを続けることをおすすめします。