汗を拭くサラリーマン

汗、出してますか?
汗がクサイからと、汗をかかないようにすることはデメリットの方が多くなります。

また、かかないようにしても身体の構造上無理があるので、臭いを防ぐ汗のかき方など汗と臭いについて掘り下げます。

汗をかかないようにするのは逆効果

ついつい気になってしまう汗。汗なんていらない!ただ臭いだけ!汗をかかないようにしよう!と思う人が大半ではないでしょうか。

しかし、汗をかくことは大切です。

汗をかかないと汗腺に老廃物がたまってしまい、汗をかいたとき逆に臭いが強くなってしまうこともあるので、そうならないためには良い汗をかくことが大切です。

適度な汗は出した方が臭いを予防できる理由

サイクリングマシンの上で汗だくの太った男性

先ほどお伝えしたように、汗をかかないのは老廃物がたまってしまい悪い汗になってしまいます。
それが嫌な臭いの元になってしまいますので、良い汗をかきましょう。

汗は本来体内にたまった熱を出すという体温調節をする大切な役割を持っています。
臭いを気にして汗をかかないようにしてしまうと、汗腺の機能が低下してしまい、悪い汗になってしまうのです。

良い汗をかいたうえでケアをすることが大切です。
この汗腺の機能をしっかりと働かせてあげることで、臭いの原因となる汗を抑えることができます。

汗をかかないようにしていても寝汗は結構かいてる

スヤスヤと睡眠する女性

普段汗をかかないようにしても寝汗は季節に限らず大量にかいています。
寝汗は体の温度調節のために汗をかいています。

この寝汗はとても大切な役割になっています。

寝汗は生理的現象で、汗をかいて熱を放出して体の温度を下げることで、睡眠の妨げにならず眠れます。
体の活動を抑え、エネルギーを消費しないように体と脳を休息してくれます。寝汗はコップ1杯分くらいかくといわれています。

汗臭う?自分の汗の臭いをチェックする方法

シャツに染みた汗の臭いを自分で確認する男性

中々自分の汗の臭いは気づかない人もいますし、気にし過ぎてしまう人もいるでしょう。

汗の臭いが気になる方に、自分の汗の臭いを自分で確認するセルフチェックの方法をお伝えします。

チェックする方法は
まずシャワーを浴びます。

シャワーを浴びることで臭いは勿論取れますし、嗅覚も一度リセットされます。

その後に、脱いだ服の臭いをかいでみてください。
客観的に体臭を把握できます。

2つめのやり方は
近づけてニオイを嗅いでも、なかなか客観的なニオイの強さはわかりにくいものです。

そこで、脇をティッシュかサランラップでこすってみてください。
(ティッシュは、匂いがないものにしてください。)

サランラップはもともと無臭なので、こすりつけたニオイがわかりやすい素材です。

深呼吸し嗅覚をリセットしてニオイを嗅いでみてください。
強い汗臭さやワキガ臭があったら、対策が必要です。

関連コラム

30歳を過ぎたら要注意。すでに周りは気づいているかも

体臭のキツくて鼻をおさえる女性

10代、20代の若い頃には新陳代謝が良いため汗をよくかきます。
その時期も汗臭が発生しやすいですが、20代をピークに臭いの強さはだんだん弱くなってきます。

しかし、30代半ばくらいになるとニオイが変化したと気付きやすくなります。いわゆるミドル脂臭です。

ミドル脂臭は40代をピークにだんだん弱くなりますが、50代になるとご存知の通り加齢臭が発生します。

動物性タンパク質を過剰に摂取している人や野菜を食べない人、ストレスを溜めやすい、過度な飲酒喫煙をしている人には危険です。

年齢的にはやはり30代から臭い対策を始めるのがおすすめです。