風呂上がり鏡で頭皮のベタつきを気にする男性

頭皮がベタついたり、臭いがしたり、脂っぽい状態でも2つのタイプがあります。

乾燥肌なのか、脂性なのか。

臭いやベタつきの原因は似ていますが、ケアの方法が少し違いますので臭い対策を始める前に参考にしてみて下さい。

頭皮がベタベタしやすい2つの肌質

分かれ道に立つビジネスマン

脂性肌の人はもともと脂っぽいため頭皮がベタベタしやすく、

乾燥肌の人は
シャンプー剤や洗い方が主な原因でカサカサの状態になった皮膚を守るため、皮脂の分泌が通常より増えてベタベタしやすくなります。

同じようにベタつきでも、この2つの肌質はベタベタする原因が全く違います!

乾燥肌なのに、洗浄力の強いシャンプーやゴシゴシ洗いを繰り返していると、頭皮を守る皮脂を奪い過ぎてカサカサになります。
それが繰り返されて悪化すると、頭皮は「皮脂が足りない!」「頭皮を刺激から守れない!」と判断して、皮脂の分泌が増えます。

体質的に乾燥肌のはずなのに、
頭皮や髪だけベタベタする...という方は、シャンプーの刺激が強過ぎるかゴシゴシ洗い過ぎのどちらか、又は両方が主な原因と考えられます。

あなたも心当たりありませんか?

乾燥肌なのに頭皮だけベタベタ…洗い過ぎが過剰分泌を招く

皮脂は本来、皮膚を守るためにあるものなので、頭皮を健康に保つためには〝適度な皮脂は必要”になります。

しかし、ベタベタするからといってゴシゴシ洗ったり、日に何度も洗っていては逆効果です。

一度、過剰分泌のサイクルになると、治すのに時間がかかります。
さらに悪化すると、脂漏性皮膚炎になる可能性もあるので

  • ゴシゴシ洗いを止める
  • 頭皮に優しいシャンプーを使う

この2つの点を見直すことをおすすめします。

関連コラム

間違ったヘアケアが皮脂の過剰分泌してしまう理由

人差し指で示す女性

ここまでお伝えしてきましたが、洗い過ぎて皮脂を奪い過ぎると逆に過剰分泌してしまいます。

本来持っている頭皮バリア。

この頭皮を守るバリアの役割をするのが皮脂です。

必要以上のシャンプーをすると頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

オイリー質でも1日2回以上のシャンプーならそれは洗い過ぎになります。

また、出来るだけ夜にシャンプーをしてあげることで、日中の汚れを落とすことができ頭皮を休ませてあげることが出来ます。
そしてまた寝ている間に皮脂が戻ります。

関連コラム

洗い過ぎ、奪い過ぎのもう一つの理由

洗い過ぎによる過剰分泌のもう1つの理由は、
シャンプーの洗浄成分や洗浄力の強さです。

石油系や高級アルコール系と言われる洗浄力の強いシャンプーは脱脂力が強く、皮脂を落としすぎてしまうのでなるべく低刺激のもの。無添加のものを選ぶ必要があります。

そして、特に乾燥肌の方や敏感な方はアミノ酸系のシャンプーをおすすめします。

シャンプーは安価なものほど、洗浄力が強い傾向にあります。

洗い方や回数に気をつけても、シャンプー剤の刺激が強ければあまり意味がありません。

オイリー質はある程度しっかり洗う。だけど乾燥肌は洗い過ぎに気をつけましょう。

先程からお伝えしていますがオイリー質は余分な皮脂だけを落とすようにしっかり洗いましょう。
難しいところではありますが洗わなさ過ぎは毛穴詰まりに繋がります。

乾燥肌は洗い過ぎに気をつけなければならないので、シャンプーの頻度を抑え、刺激になる成分や洗浄力の強いものは避け皮脂を極力落とさないように気をつけます。

乾燥肌、オイリーといっても人それぞれですから
ご自分に合ったシャンプーと洗い方、頻度を見つけて臭いやベタつき、フケなどトラブルの予防に繋げてほしいと思います。

関連コラム

乾燥肌でベタつき、臭いが気になるならまずはシャンプーから見直そう!

まず何をするべきか。

シャンプーの洗浄力を、頭皮に合ったマイルドなものに変えることをおすすめします。

洗い過ぎ、シャンプーの刺激の強過ぎによる、ベタつきは管理人の私も経験しました。

毎日シャンプーしているのに、特に汗もかいていないのにベタベタするなら皮脂の分泌が過剰になってる可能性が濃厚です。

一度、そういった分泌のサイクルになると、洗い方を見直しただけでそう簡単には改善しないでしょう。

ヒドい状態になったら、炎症を起こし皮膚炎になる可能性もあります。
(管理人は脂漏性皮膚炎になりました。汗)

アミノ酸系で、頭皮に優しいマイルドなシャンプーに変えて皮脂バランスを整えましょう。
半年、1年続けていくと徐々に分泌が治まってくるでしょう。

乾燥肌・脂性の男性・女性にそれぞれおすすめのシャンプー。

脂性の方、もともと乾燥肌なのにベタベタしている方に、臭い予防にも役立つシャンプーをタイプ別でご紹介します。

脂性の男性の方
プレミアムブラックシャンプーがおすすめです。

プレミアムブラックシャンプーを男性の手で持つ写真

汚れ吸着力に優れたクレイ(泥)成分が配合されており、
頭皮に優しいのにスッキリと洗い上げてくれます。

→プレミアムブラックシャンプーの公式キャンペーンサイトはこちら

もともと乾燥肌なのにベタつく男性
CUシャンプーがおすすめです。

購入したCUシャンプーを手に持つ写真

マイルドな洗浄成分と、清潔な頭皮へと導く植物エキスを豊富に配合されており、程よくシットリとした洗い上がりを実感します。男性ならシャンプーのみで十分なのでコスパもイイです。

→CUシャンプーの分析と口コミはこちらのページで

脂性の女性の方
CA101薬用ブラックシャンプーがおすすめです。

CA101ブラックシャンプーとトリートメントを女性の手で持っている写真

竹炭とクレイが毛穴の汚れを優しく取り除き、36種類もの植物エキスが髪と頭皮のコンディションを整えます。

→CA101薬用ブラックシャンプーの公式キャンペーンサイトはこちら

もともと乾燥肌なのにベタつく女性
ハーブガーデンシャンプーがおすすめです。

購入したハーブガーデンシャンプーとコンディショナーを手に持つ写真

基材となる水にもこだわったオーガニック成分で優しくケア。
ニオイケアにも高い効果が期待できるフルボ酸配合。

→ハーブガーデンシャンプーの分析と口コミはこちらのページで

皮脂バランスが徐々に整って、ベタつきを感じなくなってきたら
湯シャンも取り入れてみて下さい。

湯シャンについては下記で説明します。

多くの方が最初、不満を感じる湯シャンは少しずつ取り入れ、まずはある程度の期間続けてみて

バスタオルで髪を拭く女性

「湯シャン」というワードを聞いたことありますか?

何も難しい話ではなく、お湯のみで髪を洗うから湯シャンです。

湯シャンはシャンプーやトリートメントを使わず、落としすぎていた皮脂を残し、頭皮や髪が本来持っている肌バリア機能を取り戻してあげる目的があります。

やり始めはいままでシャンプーで取りすぎていた皮脂が過剰にでるので髪や頭皮のべたつきを感じ不満、不快に思う人が多数。ですが...
長く続けることで皮脂がコントロールされベタベタ感は次第になくなっていきます。

例えば、毎日湯シャンした場合
早くて半年長くて3年程度、皮脂が落ち着くまで掛かると言われています。

最初は、1日置きなど1週間に2~3回。
まずは湯シャンになれることから少しずつ始めてみるのが良いですね。

女性は、30代後半くらいから皮脂の分泌量も低下してきます。

アラフォーと言われる年齢になると著しく肌の乾燥を感じる方も多いでしょう。

逆に男性は、水分は低下するものの脂分は50代60代くらいまである程度一定だそうです。

オイリーの場合、湯シャンは必要ないかもしれませんが、
40代くらいの女性は特に1日置き、または2日置きくらいのペースで湯シャンを取り入れるのがおすすめです。

アミノ酸と湯シャンで分泌過多になっている皮脂バランスを整えよう!

湯シャンをすることによって時間はかかるものの、続けることで皮脂のバランスが取れいままで気になっていたベタベタする感じを抑えることができますし、刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使うことで洗浄力がマイルドなので過剰に分泌することのない頭皮を促すことができます。

湯シャンで注意しなければならないのが、整髪料を使っている場合は湯シャンでは落としきれないのでシャンプーを使う必要があります。
そんな時にアミノ酸シャンプーを使ってあげるといいですね!

ただし、
乾燥肌の方は特に、高級アルコール系シャンプーを使いながら湯シャンしても改善は難しいと思います。

湯シャンを始めるなら、シャンプーも頭皮に優しいもので刺激を減らし、皮脂バランスを整えながらにしましょう。